読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社を辞めて大洗移住を目指すブログ

軽度のADDのガルパンおじさんが独立起業して大洗を目指すブログ

30歳になって感じる、20代のときとの身体の違い5つ

先日、30歳になりました。

最近、体のあちこちに変化を感じているのでまとめてみました。

 

a0001_009250

 

1、夜になると顔がテカるようになった。

飲み会が終わって夜中になると顔がテカっているのです。

さすがに「みのもんた」のように、とまでいかないですが。

 

ちなみにですがGoogleで調べたところ、「30代に差し掛かると顔の皮脂の分泌量」が増えるからだそうです。

この皮脂のせいで加齢臭(おじさん臭)がするとか、しないとか・・・。

 

 

2、筋肉痛がくるのが遅くなった。

以前だったら、筋トレした翌日には筋肉痛になっていました。

最近久しぶりに筋トレをしたところ、2日後に来ました。

年を取ると筋肉痛が来るのが遅くなる、とは本当のことだったのですね。

 

 

3、食事を抜いても、体重が減りにくくなった。

以前は食事制限だけで体重をコントロールできていたのですが、今では全然できません。

運動しないと痩せないようです・・・。

 

 

4、夜に大量に酒を飲むと、おなかを壊すようになった。

金曜日にやってしまいがちです。

大量に酒を飲んでしまうと、翌朝に必ずおなかを壊します。

もはやトイレが好きなのか、と思われんばかりに駆け込みます。

 

 

5、牛乳を飲んだら、おなかを壊すようになった。

中学生のころは、毎日のように牛乳を飲んでいた記憶がありますが、

今、そんなことをしたらトイレから出られなくなってしまいます。

 

あれだけ好きだった牛乳を受け付けなくなってしまったのです。

時の変化は残酷です・・・。